特集

New Stay Home

新型コロナで世界各地では依然、外出禁止・自粛が継続されている。社会人は在宅勤務、学生は自宅学習。 そして休日は家から出られない状態が長く続き、多くの人々は時間を持て余している状況だ。そんな状況下で、様々な企業やサービスが自宅で楽しめるコンテンツを展開している。今回は運動や学習、暇つぶしなど自宅時間の過ごし方をアップデートする事例を紹介していく。

外出自粛でネット利用に起こった変化とは? YouTubeは「元気がでる/楽しい系動画」が人気

ネット利用変化、スマホからパソコン/テレビ視聴にシフト? 在宅勤務や自宅学習などパンデミックをきっかけに生活の様々な側面が大きく変化した。デジタルコンテンツ消費も例外ではない。 米ニューヨーク・タイムズ紙によるSimilarWebとApptopiaのデータまとめ(4月7日配信記事)では…

グローバル 

「コロナデブ」解消にホームフィットネス。高価なジム機器とオンライントレーニングが盛況

新型コロナウイルスの影響で家にこもりがちな毎日、「コロナ太り」「コロナデブ」という言葉がよく聞かれるようになってきた。スポーツジムが閉鎖されている上、家にいるとつい間食が増えてしまったり、運動不足に陥ったりしがち。 そんななか、自宅にハイテクフィットネス機器を導入したり、オンラインのトレーニ…

グローバル 

フィットネスの新トレンド「ホーム・ジム」、コロナ疲れを解消する一手となるか

コロナ疲れによる「鬱」や「ストレス」、在宅勤務だからこそ感じるフラストレーション 日本において、新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない。 4月7日、東京都など7都府県に対して政府は緊急事態宣言を発令。その後、4月16日に緊急事態宣言の適用地域が、全国へ拡大した。 当初は…

コラムニスト 

Withコロナ時代の旅行の形?注目度高まる「VRトラベル」と「ゲーミング・ツーリズム」

旅行できない状況、360度動画によるVRトラベルコンテンツの人気上昇 ゴールデンウィークに3カ月後の夏休み、本来なら旅行の計画で盛り上がっている時期だろう。しかし新型コロナの影響により、海外旅行はもとより国内旅行も難しい状況だ。 米ピュー・リサーチ・センターのまとめ(4月1日)によると…

グローバル 

休校続出での「オンライン学習」に海外大手メディアが続々参入。ニューヨークタイムズ、ナショジオ、BBCなど

世界中を混乱に陥れている新型コロナウイルスが子どもたちの教育に影を落とし始めたのは、2月上旬にさかのぼる。ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)の統計によれば、中国が地方によって学校閉鎖を行ったのが始まりだ。 以後ウイルス感染の拡大、感染者の増加に伴い、4月1日にはピークを迎え、世界191カ国…

グローバル 

外出できないZ世代向けブランディング。バーガーキングは人気メニューを自宅でつくる方法を動画でシェア

誰も予想していなかったほどに長期化している新型コロナウィルスの感染拡大。欧米をはじめ世界中で広がる外出禁止・自粛に、人々の生活、企業活動の在り方が大きく変化している。この世界規模の危機的状況を生き残れるのはどのようなブランドなのか。 世代によるパンデミックの受け止め方 今般の新型コロナ…

グローバル 

リモートワーク増で変化するポッドキャスト消費 「現実逃避」コンテンツが人気上昇

新型コロナウイルスの広がりで外出自粛・禁止措置が採られるなか、消費者のメディア消費が変化している。なかでも、主に通勤時間に人気のあった「ポッドキャスト」の消費は、在宅勤務の増加を受けて減退。しかしジャンル別でみると、ダウンロード数を大きく伸ばしている分野もある。 コロナクライシス下の欧米のボ…

グローバル