Z世代の価値観

90年代後半以降に生まれ、生粋のデジタルネイティブといわれるZ世代。 社会の最前線を歩んでいる彼らの価値観や消費傾向から、時代やマーケットの変化を考察していく。

外出できないZ世代向けブランディング。バーガーキングは人気メニューを自宅でつくる方法を動画でシェア

誰も予想していなかったほどに長期化している新型コロナウィルスの感染拡大。欧米をはじめ世界中で広がる外出禁止・自粛に、人々の生活、企業活動の在り方が大きく変化している。この世界規模の危機的状況を生き残れるのはどのようなブランドなのか。 世代によるパンデミックの受け止め方 今般の新型コロナ…

グローバル 

「オリジナル・コンテンツ・エコノミー」の時代到来。動画ファーストなZ世代にアプローチする企業が続々

BMWやHSBCなどのグローバル企業が実施している新時代のブランディング「ソニック・ブランディング」。オリジナル・サウンドによって企業と消費者の繋がりを強めようという試みだ。音は言語や文化を飛び越える力を持っている。今後もオリジナル・サウンドを追求する企業は増えてきそうだ。 このブランディングにお…

グローバル 

YouTubeとSpotifyが加速させる音楽市場の流動化と多様化、Z世代で大きく変わる音楽消費の形

「サザン」や「ミスチル」世代ごとに分かれる音楽嗜好 世代ごとに刺さる音楽があることは親や上司/部下などを見ていてなんとなく気づくのではないだろか。日本の40〜50代では「サザン」や「米米CLUB」、30代は「ミスチル」や「ドリカム」といったところだろう。 音楽の嗜好というのは、多くの場合10代のあ…

グローバル 

「Spotify好き・趣味は音楽・ヘッドホンにお金をかける」世界各地のZ世代の共通点と国・地域別の特徴

スナップチャットの調査があぶり出す「世界のZ世代像」 さまざまな定義が存在する「Z世代」。米ピュー・リサーチ・センターでは、1997〜2012年に生まれた層と定義。現時点では8〜23歳がその範疇に入る。 世代別の概ねのトレンドを見るとき、このように世代別に分類することでデータ収集・分析が容易になり…

グローバル 

「環境問題に興味がないアナタなんかとはデートしない」ティンダーを利用するZ世代男女の間に入り込む政治

昨今話題を独占してきた「ミレニアル世代」だが、人々の関心は徐々に次の「Z世代」に移りつつある。一般的にZ世代とは1997年前後から2012年前後の間に生まれた人たちのことを指す。 Z世代は世界190カ国以上で展開するマッチングアプリ、ティンダーでも注目を浴びている。同社は、10カ国にわたり、アプリ…

グローバル 

行動する「Z世代」のグローバルトレンド形成力とエコブランディングを急ぐグローバル企業

1990年代半ばから2010年の間に生まれた層「Z世代」。2020年時点では10〜25歳がその範疇に入る。 5〜10年後に消費・経済活動の要となる世代といえるが、企業が同世代を魅了するには、これまでにないブランディングや取り組みを実施することが求められそうだ。 特にZ世代は気候変動やプラスチック…

グローバル 

「店舗で穴あけ・ネットで購入」NY発・OMO型ピアスブランドが提案するZ世代向け新消費体験

小売店など中間業者を介さず、顧客に直接商品を販売するダイレクト・トゥー・コンシューマー(D2C)の形態をとる企業がアメリカでここ数年急増しており、その中からマットレスメーカーの「Casper」やアイウェアのEC企業「Warby Parker」、若年層に大人気のコスメブランド「Glossier」など数…

グローバル 

Z世代の傾向が反映されるインステック最新動向

保険分野におけるデジタルテクノロジー活用の進展にともない、様々なメディアやレポートで「インステック」という言葉の登場頻度が高まっている。 保険業界は、他の分野に比べデジタル化の進展が遅かったといわれているが、近年ブロックチェーン技術などの発展・普及によって急速にデジタル化が進んでいる。 フランス…

グローバル