世界のAIシーン

起業国家イスラエルで盛り上がるAIスタートアップ投資とエコシステム醸成

VC投資の40%がAI関連に、イスラエルのスタートアップ事情 米中間で激しさを増すAI覇権競争。グーグルが北京に開設したAIラボを巡ってペイパル共同創業者のピーター・ティール氏が激しく非難するなどし物議を醸している。 AIスタートアップの数では米中が他国を大きく引き離している状況だが、こ…

グローバル 

欧州のAIハブを目指すドイツ・ベルリンの「ブレイン都市」構想とは? スタートアップ・エコシステムと多様性がカギ

欧州連合の都市で最大の人口を誇る英ロンドン。その数は900万人以上。言わずとしれた国際都市であり、域内のテクノロジーハブとして人材・投資が集まる場所となっている。 域内でロンドンに次いで人口数が多いのがドイツ・ベルリンだ(370万人以上)。このベルリンが欧州本土のAIハブとして地位を確立するた…

グローバル 

世界AIハブ競争で台頭するトロントやモントリオール、AIハブとして発展するカナダの都市

AI人材育成やAI関連投資に関して世界をリードするといわれるのが米国と中国。都市別で見るとサンフランシスコ、ニューヨーク、北京、上海などがグローバルAIハブと呼ばれている。 一方、ロンドン、ケンブリッジ、テルアビブなど他の国々においてもAIハブが醸成されており、各都市のAIハブを目指す競争は激…

グローバル 

AI開発競争で米中追う英国の秘策「アラン・チューリング研究所」が果たす役割

貿易戦争で注目が集まる米中関係。この2国はAI開発競争においてもしのぎを削るライバル関係であり、他国を尻目に覇権競争に興じている。実際、AI関連の話題は米中発であることがほとんどだ。 一方、米中以外の国々でもAIの戦略的・経済的・社会的な重要性が認識され、国を挙げての取り組みを始める国々が増え…

グローバル 

英国発の人工知能開発企業「ディープマインド」が優秀なAI人材を惹き付ける理由

世界中で「AI人材不足」が叫ばれている。 中国テンセントが推計するところでは、世界のAI人材需要は数百万に上るが、供給は30万人ほどにとどまるという。 デロイトが、AI施策を実施する各国企業のIT部門幹部を対象に行った調査では、68%がAIスキルギャップを問題視していることが明らかになっ…

グローバル 

評価額1,800億円のユニコーン企業も。注目集めるケンブリッジのAIスタートアップシーン

グーグルが5億ドル(約540億円)で買収した英ロンドンのAIスタートアップ、ディープマインド。欧州内でのグーグルによる買収で過去最高額になったとして大きな話題を呼んだ。 ディープマインドの共同創業者でCEOのデミス・ハサビス氏は2010年に同社を起業する前、AIの知見を深めるためにユニバーシテ…

グローバル 

「AI人材不足」で人材獲得競争が世界で熾烈化、「AIスキル/リテラシー」プログラムへの高まる期待

「AI人材不足」、人材獲得競争が熾烈化する世界の現状 最近国内のさまざまなメディアで取り上げられる「AI人材不足」問題。この問題は日本だけでなく、海外でも深刻化しており、これに関連する調査レポートや報道が増えてきている。 Linkedinが2017年12月に発表したレポートでは、2012…

グローバル 

「データ・ポイズニング」に「ピクセル・アタック」、AIの脆弱性を狙う手口と求められる対抗策

自動運転や医療診察などさまざまな用途への活用が期待されるAI。よく言われいているように第4次産業革命のコアテクノロジーであり、社会経済に多大なインパクトをもたらすことになるのは間違いないだろう。 しかし、核技術などと同様に、影響力の大きなテクノロジーは使い方を間違えれば、甚大な被害をもたらして…

グローバル 

早急な対策求められる「ディープフェイク」問題、人類とAIの未来決める分水嶺に?

マッキンゼーが推計するところでは、AI活用によって生み出される価値は全世界で3兆5,000億〜5兆8,000億ドルに上る。自動運転、チャットボット、業務自動化などの普及によって、多くの産業が恩恵を受けると考えられている。 盛り上がりの様相を呈するAI市場。AI施策を導入・検討する企業が増えてお…

グローバル