日本発のウェルビーイング事業を展開するiUMは、11月7日よりお祝い特化型メタバース空間提供サービス「ViRTH(ヴァース)」のβ版を提供開始すると発表した。

お祝いパーティー特化型メタバース空間「ViRTH」のβ版を提供開始

また、ローンチに伴い、本日午前0時より、ティザーサイト内にてダイジェストムービーを公開しているとのことだ。

ViRTHは、VRならではの感動的な演出にあふれるイベント、皆で盛り上がれるゲーム、リッチに飾り付けられた街並みなど全てのコンテンツや演出がセレブレート(お祝い・パーティー)に特化した、世界初のメタバース空間。

お祝いパーティー特化型メタバース空間「ViRTH」

誰もが自己肯定感を持ち、互いに共鳴しながら生きていける社会の実現を目指すiUMが、現代のテクノロジーの進展やwithコロナ時代において希薄化傾向にある「人とのつながり」を取り戻すため、どこでも誰とでもお祝いができる同サービスを開発。

ViRTHは、ユーザー一人ひとりがオリジナルのお祝いパーティーを演出、他のユーザーとともにVRだからこそできるパーティーを作り上げていくことによって、誕生日や結婚祝い、送別会といった時間をより素敵な時間にアップグレード、未だかつてない“お祝い体験”を提供するという。

お祝いパーティー特化型メタバース空間「ViRTH」

β版では、「ご縁」に代表されるように繋がり文化と親和性の高い「日本」の「浅草」の街並みを中心に楽しむことができ、海外ユーザーもメタバース空間上で再現された「日本」を疑似体験することが出来るとのことだ。

「日本」の「浅草」の街並み