森創は、愛知県を代表するパチンコホール企業、京楽、善都と連携して、「がんの早期発見」による健康な街づくりの実現を目指した「パチンコ店がんリスク判定検査トライアル」を4月29日・30日に実施すると発表した。

パチンコ店がんリスク判定検査トライアル

国内のがん検診率が低いのに加えコロナ禍による受診控えにより、がんの発見数が減少し「早期発見」がより難しくなっているという。

同プロジェクトは、この社会課題に対し体と金銭に負担の少ない「がんのリスクを調べる検査」を普及させることが重要という考えから、線虫を使った新時代のがん検査を提供するHIROTSUバイオサイエンスと連携。「簡単」「安価」「高精度」を特徴とする「がんの一次スクリーニング検査N-NOSE(エヌノーズ)」を活用するとのことだ。

がんの一次スクリーニング検査N-NOSE(エヌノーズ)

今回パチンコホール企業から検査スペースの無償提供、検査活動補助をしてもらうことで、地域住民が、がん検査を気軽に受けやすい環境をつくったとしている。

また、遊技機メーカーも賛同したことで、遊技業界を挙げた社会活動として開催。なお、パチンコ店の敷地を使用しての当該検査は日本初の試みとなるという。

森創は今後、規模を拡大することで住民が元気で長生きする健康な街づくりの実現を全国のパチンコ店から発信する予定とのことだ。

■開催概要

日時:2022年4月29日・30日
受付時間:9:00~17:00
会場:
●サンシャインKYORAKU栄店:名古屋市中区錦3-24-4
●ZENT名古屋北店:名古屋市北区中切町5-5
検査費用:税込10,000円(現金のみ)
検査前の注意:当日は検査4時間前からの飲食を控える