FCバルセロナは、数日前にソーシャルメディアに掲載された、トップチームの選手2名(ウスマン・デンベレ選手およびアントワーヌ・グリーズマン選手)が、滞在したホテルの従業員などに侮蔑的な言動をとる様子が示された映像により、日本をはじめとするアジアのファンおよびパートナーに不快な思いをさせたことについて、非常に遺憾に思うと公式声明を発表した。

FCバルセロナ、選手2名の言動を謝罪 公式声明を発表

こうした言動は、FCバルセロナが示し、守っていくべき価値観とは決して一致するものではないとし、クラブおよびパートナーの価値は、FCバルセロナの経営陣、執行役員から、クラブの様々なスポーツチームの選手に至るまで、組織のあらゆるレベルにおいて守るべき信念であるとしている。

また、クラブは、人種問題、差別、ダイバーシティに関する教育の改善を徹底すると発表。FCバルセロナには、人種差別が入り込む余地はないとしている。

2019年夏時点でクラブの責任は前経営陣および執行役員の手にあったが、FCバルセロナは、不愉快な思いをした全てのファンとパートナーに公式に謝罪。

現在クラブを運営する経営陣は、これに類する事象が今後繰り返されないよう、尽力するとのことだ。

なお、両選手は既に、日本のファンおよびパートナーへ謝罪と後悔の念を示しているが、FCバルセロナは、今後も必要に応じて内部措置を講じていくとしている。