新しい命を
宿す為の努力を、
皆が応援する社会へ
新しい命を宿す為の努力を、皆が応援する社会へ
YELLOW SPHERE PROJECT

プロジェクトの理念

プロジェクトの理念
新しい命を宿す為の努力を、
皆が応援する社会へ

妊娠を希望してもなかなか叶わないという“社会課題”に対して、製品をお届けすることにとどまらず、より多くの人に正しい情報を伝え、サポートの輪を広げ、人々の充実した暮らしという未来をつくることへの貢献を目指します。

一人一人の多様な選択を尊重しながら、柔軟な働き方や生き方の実現に向け、新しい命を宿す為の努力を、皆が応援する社会へ。

それが「YELLOW SPHERE PROJECT」の先にある未来です。

みんなのライフプランニング

リーディングカンパニーからのメッセージ

ダイバーシティ・エクイティ&インクルージョン(DE&I)の実践を続けるリーディングカンパニーの企業様をご紹介。

多様な人材が活躍できる環境を創出し、より良い社会の実現に向けて、各企業が取り組んでいます。
各社の制度の背景や込められた思い、ファミリーフレンドリーな社会実現に向けたメッセージをお届けします。

  • 株式会社丸井グループ
    株式会社丸井グループ

    社会課題解決は一社だけで考えるのではなく、社会全体でともに挑むことが重要だと考えます。そのため、YSPのような取り組みが広がることを願い、丸井グループとしてもテーマに掲げる「多様性を活かす組織づくり」のため、男性育休の推進など、“ファミリーフレンドリーな社会”を創り上げる取り組みを実践してまいります。

  • エクスペリス・エグゼクティブ株式会社(マンパワーグループ株式会社)
    エクスペリス・エグゼクティブ株式会社(マンパワーグループ株式会社)

    私たちは、ファミリーフレンドリーな社会を構築していく一員として、マンパワーグループが掲げるDEIBを実現するためのカウンセリング・コーチングをはじめ、様々な制度を導入しています。ワーク&ライフを隔てる事なく、社会全体に寄与する取組みをコンセプトとしているYSPは、エクスペリス・エグゼクティブの未来に通じるものがあります。

  • 株式会社イトーキ
    株式会社イトーキ

    イトーキは、多様な社員一人ひとりが人生のどのライフステージにおいても自分らしく、働きがいを持って“活き活き”活躍できることを目指し、ワークライフマネジメントを推進する制度の拡充に取り組んでいます。YSPの活動を通じて同じ志を持つ企業の輪が広がることで、ファミリーフレンドリーな社会の実現につながっていくことを期待しています。

  • パーソルキャリア株式会社
    パーソルキャリア株式会社

    当社はキャリアオーナーシップを育む社会の創造を目指しています。そのためには、多様性の尊重、心身の健康、柔軟な働き方が重要だと考え、社内外に対し女性特有の健康問題への理解を促すヘルスリテラシープロジェクトに取り組んでいます。この取り組みは、YSPと多くの共通点があり、いずれもより良い未来の実現に貢献するものだと考えます。

  • パシフィックコンサルタンツ株式会社
    パシフィックコンサルタンツ株式会社

    YSPが目指す“特定の人々”にとってのではなく、“皆”の多様な選択を尊重する、という点に共感し、取組みが広がることを願っています。当社にとってDE&I推進は、成長戦略のひとつです。一人ひとりの経験や価値観、専門分野等を認め合い、統合し、価値創造につなげ、心理的安全性の高いチームをつくり、Well-beingな会社を目指してまいります。

  • 株式会社ワークライフバランス
    株式会社ワークライフバランス

    働き方改革を最速で進めることを使命とする弊社では、私たちの働き方こそが「日本で最も先進的でありたい」と考え、「誰にでもライフはある」という考えのもと、誰もが活躍できる働き方を実践しています。他者の多様なライフプランを受け入れ “ファミリーフレンドリーな社会”を目指すYSPの取組みとともに、よりよい社会づくりに貢献していきます。

Enjoy Life School
- みんなのカラダと
新しい命の授業 -

みんなの “性教育・生殖教育の学び直し” コンテンツ

悩んでいたり疑問に思っていても、正しい情報が不足していたり、これまで公にはあまり語られてこなかった、自身のカラダや、妊娠といった新しい命について、医学的観点からわかりやすく解説する動画シリーズ

発疹が消えても治らない梅毒の危険性
他の動画を見る

妊活®︎・不妊治療に関する意識と実態調査

妊活®および不妊治療や、子育て、仕事の両立に関する意識と実態について、全国20〜40代男女約3万人を対象に調査を実施しその結果概要を発表いたします。